日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業とは?

認知症高齢者や精神障がい、知的障がいのために判断能力が十分でない方が、安心して地域で自立した生活を送れるようにサポートする事業です。

福祉サービス利用についての相談や利用手続き、日常的金銭管理サービス、書類等の預かりサービスなどを行います。

どんな時に相談するといいの?

ご自身や周りの方で以下のようなことで心配な時にはお気軽にご相談ください

・家賃や電気、ガス、水道料金などの支払いが出来ない
・一人暮らしで将来を考えるといろいろ不安がある
・通帳やはんこをしまった場所を忘れてしまう
・ヘルパーに買い物や掃除、料理を頼みたいけれどどうしたらいいのかわからない
・手元にお金があるとすぐに使ってしまって困っている
・いろいろな書類が届くけれどどうしていいのかわからない

どんなことをしてもらえるの?

① 福祉サービスを利用し、または利用を辞めるために必要な手続き
② 福祉サービスの利用料を支払う手続き
③ 福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き

<できないこと>
・特別養護老人ホームへの入所契約
・治療、入院に関する契約
・掃除、洗濯、買い物、介護、看護
① 年金及び福祉手当受領に必要な手続き
② 医療費を支払う手続き
③ 税金や社会保険料、公共料金を支払う手続き
④ 日用品等の代金を支払う手続き
⑤ ①~④の支払いにともなう預貯金の払戻、解約、預入の手続き

<できないこと>
・不動産屋預貯金の資産運用
【 保管できる書類等 】
① 年金証書
② 預貯金の通帳
③ 権利証
④ 契約書類
⑤ 保険証書
⑥ 実印、銀行印
⑦ その他実施主体が適当と認めた書類

<預かることができないもの>
・宝石、書画、骨董品、貴金属類など
・安否確認
・見守り

サービスのしくみ

nitiji-sikumi
■事業を利用したい本人に大田市社会福祉協議会の専門員が契約に向けいろいろな話を聞きながら生活状況等の把握を行います
■本人の意思を確認し契約となります
■契約は本人と大田市社会福祉協議会、島根県社会福祉協議会との三者契約となります
■定期的に生活支援員が訪問し、本人に代わって金融機関での払出しや支払いなど様々な援助を行います
■サービス内容にご不満等のある場合には大田市社会福祉協議会、島根県社会福祉協議会、運営適正化委員会までご連絡ください

サービスの利用料について

(1) 福祉サービスの利用援助・日常的金銭管理サービス
   1j時間あたり 1,200円 30分を超えるごとに600円の料金がかかります。

(2)書類等の預かりサービス
   預かりサービス 月200円
   貸金庫等利用料 月100円
 
(3)生活支援員の交通費
   実費(自家用車の場合1kmあたり20円です)

※生活保護を受給中の方は(1)及び(3)が原則免除されます。